2021.01.18

Transform Design 日常に寄り添い変化するデザイン

都会と郊外、オンとオフ、男と女、モードとストリート……。それらの境界線が曖昧になり、相反していた世界が入り混じるようになっている現在。今季のD-VECでは、機能とデザインの両立はもちろんのこと、ギミックを凝らすことによって変化するアイテムが多数ラインナップされています。着方によってイメージが変化し、着る人の発想で自由に楽しめる注目作をピックアップしました。

ジッパーの開閉と着脱でコートがブルゾンに変化!

左右に大きく開く上襟とすっきりとしたIラインが印象的な「セパレートコート」は、膝丈コートのウエスト部分を一周するジッパーを開き、裾部分を取り外すことでショートブルゾンとして楽しめる2WAY仕様。上襟を締めスタンドカラーにすることでも印象が大きく変化し、シーズンや天候によって異なる着こなしが可能で、着る人を力強く引き立ててくれます。また、ジッパーを部分的に開けば、ベンチレーション効果も発揮します。

前合わせとウエストベルトで変化するトレンチコート

玉虫色に煌めくコットンギャバジンを惜しみなく使って、ビッグサイズにアレンジした「ラペル ビッグコート」。二重になった大きな前合わせが特徴で、さらにジッパーを配することで、左右の開け閉めとジッパーの開閉、そしてウエストベルトによってシルエットが大きく変化。前合わせと連なった大型のフードを被ることで、どこか近未来的で神秘的なムードも漂わせるのがポイント。生地には撥水及び花粉ガード加工が施されています。

シックでいて斬新なレイヤードが楽しめるジャケット

ライフジャケットから着想を得て生み出された「ドッキング ジャケット」。それぞれ単品でも楽しめるベストとジャケットがセットになっており、どちらを上に重ねても着用できるように巧みにパターンメイキングがなされています。ベストはショールカラーでジャケットはノッチドラペルなので、2着をレイヤードした際のインパクトも十分。奇抜なようでいて、意外なほどノーブルな雰囲気に。異なる着丈が生み出す変化も今季らしい提案。

シャツとパンツの裾を変化させるだけでマニッシュに!

これまで紹介してきたアイテムと同様に、ユニセックスで楽しめる「ガンフラップ ドレスシャツ」と「トライアングル スカートパンツ」の組み合わせ。銃床が当たる右肩部分=ガンフラップの前合わせを開くか閉じるか? シャツ裾をタックインするかアウトするか? スカートの裾に取り付けられたボタンの着脱によって、同一アイテムが異なる印象に変化するのがお分かりでしょう。ジェンダーに縛られない、新しいドレススタイルの提案です。

*シューズ、小物はスタイリスト私物Photographs: Kento MoriStyling: Hiromi TokiHair & Make-up: Yoshikazu Miyamoto (Be Natural)Model: Daisuke(DONNA), Mariya NishiuchiText & Edit: Takuro KaaseDirection: Pomalo.inc