コンテンツへスキップ
My Page / Sign In

Cart

カートが空です

 

Feel Alive.

最高の瞬間を感じる。

D-VECは極限のフィールドで培われてきた
DAIWAの技術力を都会の
アクティビティへ進化させていく
“雨の音を感じ”“風を愉しむ”といった
その瞬間を感じる感性を持った独創的なスタイル
全てのシーンで最高の瞬間を感じるために

Our Action

漁網アップサイクルプロジェクト

世界中の海をフィールドとする私たちは、海洋環境の悪化を大きな課題ととらえ、
不要となった素材を再生させ活用するリサイクル活動の一環として、海洋ゴミの一因となる廃棄漁網から再生した素材を活用してウェアを作るなどの活動を行っています。

Past Activity

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022A/W」では、公式会場である表参道ヒルズにおいて、廃棄漁網がアップサイクルされる工程を、手にとって体感いただける再生素材の現物展示や映像を用いて解説。不要になったものが洗練されたファッションに生まれ変わるD-VECならではの表現により、ネガティブな環境問題をポジティブな方向に変換することで、少しでも多くの人に興味を持っていただき、この問題解決の一助となる活動を行いました。

ドイツ・ミュンヘンで開催された世界最大級の国際スポーツ用品ショー「ISPO Munich 2022」にて、廃棄漁網から再生した素材を活用し漁業関係者向けワークウェアをはじめ、柔らかな風合いのファッションアイテムへと生まれ変わったセットアップやドレス、レインコートなどを展示。環境問題の先進となる欧州でもDAIWAの活動を発信しております。

Message

若い世代の方々より「どのようにサステナブルに貢献できるのかわからない」との声が多数頂いたことから、D-VECはサステナブルに携わる機会の提供をと考え、不要となった廃棄漁網を再生した素材で、学生の皆様に作品を制作して頂きました。

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S」公式会場 渋谷ヒカリエにて、サステナブルなスペシャルイベントを開催。
日本で唯一の国立総合芸術大学である「東京藝術大学」の学生には、北海道で利用され不要となった廃棄漁網を再利用したアート作品により、会場展飾に彩りを加えて頂きました。また、日本最大のファッション専門教育機関「文化学園」の学生には同廃棄漁網より再生した素材を用いたアパレルアイテムを作成頂き、集まった24作品に及ぶアパレルアイテムの表彰を実施。審査の結果選ばれた5つの作品の表参道DAIWA Apparel Showroomでの展示と、最優秀作品の商品化を行い、学生の皆様の思いを発信致しました。

D-VECは若い世代の方々がサステナブルについて考えるきっかけになるようイベントを行うなど、学生の支援をしております。

Fashion Show

2017年3月東京原宿で開催したローンチイベントを皮切りに、D-VECは様々なファッションショーでコレクションの発表を続けています。

Timeline

2017.03 東京COLLECTION出展
2017.10 東京COLLECTION出展
2018.01 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展
2018.06 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展
2018.10 東京COLLECTION出展
2019.02 GERMANY(Munich) ISPO出展
2019.10 東京COLLECTION出展
2020.01 GERMANY(Munich) ISPO出展
2021.10 東京COLLECTION出展
2022.03 東京COLLECTION出展
2022.06 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展
2022.09 東京COLLECTION出展
2023.01 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展
2023.06 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展
2024.01 ITALY(Firenze) PITTI UOMO出展

About DAIWA

D-VECの高い技術力はフィッシングの「DAIWA」の技術力から得たものになります。

D-VEC含めた弊社グローブライド株式会社はフィッシングの「DAIWA」を中心に、ゴルフ、テニス、サイクル事業を展開する、 スポーツ・レジャーの総合メーカーです。
「A Lifetime Sports Company-人生を豊かにするスポーツ。」をビジョンに掲げ、世界中の人が自然を感じ、爽快な感動で満たされるための企業活動を行っています。
環境保全活動にも積極的に取り組み、自然を通じて人々の豊かな人生にさらなる貢献ができるよう取り組んでいます。